【競馬】コンピ指数だって立派な予想ツールということ。




コンピ指数、皆さん忘れてませんか?
高い情報を買う前にもう一度コンピ指数という優秀なコンテンツに目を向けてみるのもアリだと思います。

コンピ指数だって立派なツール!


競馬予想コンテンツは現在も大変盛り上がっています。
どのメルマガが当たるのか?あの人の予想法はどうなんだ?
確かにそういった情報を厳選していくことが「勝ち」に繋がるものです。

しかし皆さん、競馬予想の最大手である「コンピ指数」を忘れていませんか?
あるいは予想コンテンツ初心者の皆さん、「予想は高い」と思っていませんか?

あくまでそれはインフォトップレジまぐのお話です。

日刊スポーツが配信しているコンピ指数月額800円(税別)です。

レジまぐにおいてのメルマガやダウンロードコンテンツが数千円~一万円程度ということを考えると破格に感じますよね(*´∀`*)

じゃあ安いしコンピ指数でいいじゃん!となりますが、きちんと差別化されているのも事実です。

コンピ指数の特徴


私のイメージで言いますと、やはりコンピは「オッズの代わり」というイメージが強めです。
90~40の間で数値化される「指数」が高い馬は当日オッズが低かったりします。
これは「精度が高い」とも、「コンピにオッズが影響されている」とも考えられます。
どちらにせよ、「指数の信頼値が高い」ことは事実です。

もう1つの特徴としては「傾向と対策」を十分考えられる点です。
過去のコンピ指数を閲覧できたり、データベースを使って傾向を調べたりできるサービスが実装中ですので、それを踏まえて馬券構築プランを考えることができるということ。

コンピ指数をテーマとした競馬コンテンツが多く存在するほどに研究されています(*´∀`*)
みなさんも休日などに研究すれば、自分だけの「コンピ活用法」を生み出せるかも・・・?

しかし逆に言えば、「丸乗りができない」ということ。
レジまぐなどにおけるメルマガコンテンツなどは基本的に丸乗りです。
※ケーニィさんのよく馬券に絡む◎▲(全競馬場予想)など非丸乗り系の優良コンテンツもあります。

先程申し上げた「差別化されている」というのはこの点です。
コンピを使うのであれば、基本的に自分で考え、活用する必要があります。
というのも、「オッズ代わり」と言います通り、基本的に人気順になりやすいです。
競馬ではオッズ一番人気の単勝を買い続けると、回収率は80%程度に落ち着くと言われています。
こういった理由からコンピは丸乗り非推薦ということです(*_*)

まとめ


つまり今まで丸乗りのコンテンツを利用していた人も、コンピで研究してみる価値ありということ。
馬券力というのは経験を積んでいくと知らない間に上がっているものです。
今ではレース後の回顧などに力を入れているコンテンツも増えていますし、無意識に馬券への意識が変わっている可能性も!
逆に今まで研究して考えて・・・という方は一度丸乗りを経験してみるのが良いかと思います。
この人はこういった感じで馬券を買っているんだ、おそらくこんな理由だろうなんてことも考えられるわけです。

いろんなコンテンツを賢く使ってどんどん回収率をあげていきましょう(*´∀`*)

よろしければクリックお願いします↓
人気ブログランキングへ
sponsored link

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック