ケーニィ式区画枠連投資術:南関競馬について考える①

k_kukaku2.png

タイトルの通りです。

なんとか南関でも使えないものか?と考えまして。

少しシミュレーションを交えたお話をします。

購入者のみに理解できる記事にしています

まず考えたいのは『どの区画を使うか?』という点。

今回はマニュアルの33Pにて、『区画○を買っておけ!』と言われているものを使ってみます。

その区画で15~17日の出現率を見たところ・・・

マニュアルに書かれている的中率はクリア!

ベタ買いでは微マイナスなものの、資金配分でどうにでもなる数字に。

さらには的中の80%以上が10倍以上の配当でした。

◎▲で絞っていない状態でこれですよく(`・ω・´)!

少なくとも『南関でも使えるかも!!』と思わせられる内容でした。

以下気になった点など

・区画を変えるとして、前半と後半をどう扱うのか
・他開催(高知や園田など)を交えるべきなのか
・オッズ変動が激しい南関との付き合い方を考えないといけない

今のところはこんな感じですかねく(`・ω・´)!

まだまだ検証は必要ですが、いきなり希望が見えた気がします。

あと感じた事ですが、出走頭数の影響もあるのか、かなり配当が跳ねます。

おかげで物凄く省エネな投資になりました。もしかするとアレンジすればベタ買いでいけるかも?

今日はこんな所で(*´∀`*)

『何が何でも南関で使うんだ!』と決意している方もいらっしゃることでしょう。

少しは参考になれば幸いです。

しかし、アレンジ性高すぎませんかね?笑

平日夜の時間泥棒になりそうですく(`・ω・´)笑

この商材の詳細や特典の案内は以下からどうぞ!
競馬のレジまぐ、ケーニィ式区画枠連投資術の検証やレビュー、評価を行っています。
regimagkenshou.com
sponsored link

この記事へのコメント

※当ブログの内容は的中などを保証するものではありません。馬券の購入は計画的に!